FC2ブログ

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

2012/02/20 Mon

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【通常版】 [DVD]


感想 ※ネタバレ注意

・とりあえずめんまのかわいさがとてつもなかったです。
「バリアー!」でまず衝撃をうけたごふごふ。
でも姿かたちは成長していても、みんなと一緒に時間を過ごしてきたわけではないから
精神的には…成長してないわけではないんだけど、子供っぽいしぐさをするんだろうなと。
そう考えてしまうとかわいいんだけどああー…って思います。

・ぽっぽが姿が見えないめんまに呼びかけるとき、視線が小学生のめんまに向かっていて、
じんたんやめんまや私たちに見えているめんまは成長しているからそれが当たり前だけれど
ぽっぽの中のめんまは小学生で止まっているんだと思い知らされてとてつもなく切なかったです。
やっぱりめんまは死んでしまっているんだなって。でもぽっぽは悪くない。悪くないよ。

・ゆきあつの女装はネタだと思って本編見てる時は笑ってましたが、あれもなー…。
自分があなるをけしかけたから、原因は自分だって思ってたんだろうし、
変にトラウマというか…そうなってしまうのはわかるけど、
どうしてそういうベクトルに?って感じでしたねw
人形をめんまに似せて大事にしてるとか、そういうので良くないか…。だめなのか…。

・そのゆきあつ、じんたんにずっとライバル意識を持っていたんだろうな。
小学生の頃はいつも勝てなくて、いつか勝ってやるって思ってたんだと思うんです。
なのに、自分が超えていく壁であるはずのじんたんが、自ら縮んでいってしまって
ゆきあつが頑張らなくても超えられる高さになってしまって。
お前もっと頑張れよ!ってイライラしてたんだろうなー。
高圧的な態度を取ってたのは、反抗してほしかったっていうのもあるんじゃないかなと。
強くてかっこいいじんたんの一番のファンはゆきあつだったのかもしれないですね。

・ゆきあつを好きなつるこが、一番やきもちを焼いていたのが
あなるだったというのはおもしろかったです。めんまかと思ってました。
でもゆきあつはめんまを好きだったけれど、気安く話せていたのはあなるだもんね。
ゆきあつがあなるに「付き合うか」みたいなこと言ってたけど、
きっとあれも冗談半分、本気半分だと思うんです。
もしあなるがOKしたらそれでもいいかなって思っていそう。
つるこが報われないのは少しかわいそうでした。
あなるでも良いんだったらつるこでも良いじゃん!って思うよ、私は(笑)
最終回を見た限り、これから変わって行くのかな…?

・あ、でもとりあえずつるこは髪を切らない方が良かった……

・あなるがじんたんを好きで、振られ続けるのはしょうがないことだと思います。
なんていうか、あなるは振られ続けてほしい…?
うーん、これだと私があなるの幸せを願っていないみたいだ。
じんたんは将来誰かと付き合ったり結婚したりすると思うんですけども、
それがあなるじゃないといいなと思います。なんか。
あなるはあなるで、じんたんのことしばらく好きだと思うんですけども、
いろんな出会いがあって、なんだかんだで違う人と結婚してほしい。
あの二人は親友の方が合ってると思うのです。

・あなるの、ゲーム機に貼ってあっためんまとおそろいのシール、
剥がしたのにまた貼って、上からセロテープでとめてあって、泣きました。
言葉で言わなくても、めんまのこと大嫌いで大好きだったってわかる。
ああいう演出大好きです。ほんともう、良かった。あれは。

・ぽっぽのトラウマ(目の前でめんまが死んだ)はかなりきつかったと思うんですけど、
意外とあっさり暴露、あっさり解決されてましたね。
色んな所で意見を見ましたが、やっぱり話数が一話足りないような感じでした。
最後の最後でだだだだだっと話が進んで、終わってしまったので…。
まーでもなんだかんだ言ってぽっぽの告白の所は泣きました。

・最終回のめんまの手紙も泣いてしまいました。みんなのこと大好きだったんだなぁ。
私がもし今死んでしまうとしたら、大好きだと自分では思ってる人達に
そのことを伝えられないのは悲しいです。
でも普段大好きとか言ってるわけじゃないし、伝わってるかわからない。
毎年遺言とか用意しておくべきなんだろうか!とか考えてしまいました。

・でもね、「かくれんぼ」のくだり、正直あそこだけは受け入れられませんでした。
「めんま、みーつけた!」とか、引いてしまいました。ごめんなさい。
あれがなければ結構好きなアニメになっていたんですけど…。
あと、めんまのお願いが引っ張られてた割にそんなインパクトなかったなと。

・最後に、OP!Galileo Galileiさん!!!
CD買っちゃいましたよおお超良かったですうう!!!!!
(前奏)チャラチャラチャラチャラチャラチャラ タタタン♪
の、タタタン♪でもうすでに泣いてましたもん。
映像もすごく良かったです!
小学生の頃と現在との対比も、緑も、みんなの表情、コップ、そして青空!
ぶっちゃけてしまうと本編よりOPが好きでした…!
本編も好きですけど!OPが好きすぎて!
いやー、素晴らしいOPをありがとうございました!
私、夏とか青空に弱いのかもしれないです。切ないけどわくわくするの。

テーマ : あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
ジャンル : アニメ・コミック

最高の人生の見つけ方

2011/05/15 Sun

最高の人生の見つけ方 [DVD]


感想 ※ネタバレ注意

・正しくおもしろい映画でした。感動系?
でも泣くような映画じゃなくて、すごくポジティブになれる映画!
死ぬまでの話なのに、笑えるところはたくさんあっても悲しくなるところはなかったな。

・エドワードもカーターも、今までの人生に満足してないわけじゃないと思うんです。
ただ、もう少し自分のやりたいようにしても良かったかも、とか、
考えたら俺仕事しかやってねーな、とか、最後くらいはっちゃけてみたいな、とか、
そういうことは思っていたかもしれないけれど。超個人的な考えですが。
今までは今までで幸せだった。
そりゃあ後悔もあるけれど、後悔のない人生なんてないわけだし。
でも「最高」の人生とまではいかなくて、あともう一工夫あればいいかなって。
何か新しいスパイスを入れてみたい!そしたらこのカレーはきっともっとおいしくなるよ!
そんな気持ちで旅に出たんじゃないかと思うんです。
だから人生をやり直したいかと聞かれたとしたら、二人ともNOと答えたんじゃないかなあ。

・カーターとエドワードのコンビは好きだけれど、
ときどき二人の会話が真剣に喧嘩しているように思えてひやひやしました。
でも実際はそうではなくて、大抵どちらかが冗談を言って笑いあって終わるんですけど。
あれなんでだろう。文化の違いかな?
それとも吹き替えで見たから声優さんの演技に惑わされた?

・「世界一の美女にキスをする」…とても良い項目だったと思います。
最初は「完全に数秒で終わる(達成したところだけ映してテンポよく進む)項目だろww」
って思ってたんですが、もぉー!そういうことかぁー!
エドワードの考えていた当初の予定とも違った形になったんですが、これが、
エドワードの娘(疎遠だった)の娘、つまり孫(初対面!)にキスして達成っていう!
すごい良かったです。ほんとに。
そーりゃあエドワードにとっては世界一の美女だよね!孫だもんね!
私もこういう脚本が書きたいです!
全く違うものとして出てきたのに後でとても大切なものになっているみたいな。
あ、世間ではこのようなことを伏線と呼びますねw

・あとは「荘厳な景色を見る」だったでしょうか。うろ覚えなのですが。
それも素晴らしかった。一回エベレストまで行くけれど、春になるまで無理だと言われて
あきらめざるを得なくて、でもまた来ようと約束して、
ついに二人揃って来れたのが最初の場面・そして最後の場面につながると。
結局二人とも生きているうちにこの項目は達成することができなかったけれど、
代わりにエドワードの秘書が達成させてくれて安心しました。

・ラストの「骨はコーヒーの缶に入れてエベレストに…」みたいなナレーションのあとの
「これは違法行為だ」で終わりっていうのがもう、本当にこの映画っぽいなと思いました!
最後までくすっと笑わせてくれる、前向きになれる終わり方!いいなあ!

・秘書がナイスキャラすぎました!
雇用者のエドワードに対して適度に言うこと聞かない感じが!笑
でも無茶なこと言われてもさらっとこなしてしまうあたり有能なんだろうな。
口答えするときは完璧にするし(笑)
でも彼は彼なりにエドワードのこと好きだったんだろうなと思います。
会議中のエドワードが電話に出れないと言った時も、
カーターが倒れて手術するっていう電話だったから、
そしてエドワードにとってカーターが大切な存在だとわかっていたから、
「いいえ、お出になるべきです」って貫いたんでしょう。
私的に、そこで「カーターさんが…」って言い出さないのも良かった。なんとなく。

・二人が次々とリストを消していくとき、常に笑顔だった気がします。
私も笑顔になれたし、こんなに自然に笑顔になれる作品ってなかなかないんじゃないかと。
この映画を見た人はきっとみんな、二人のことを好きになってしまったんじゃないかな。
あ、秘書もね(笑)

・邦題、「最高の人生の見つけ方」より「棺桶リスト」のほうが私は好みでした。
でも今の方が雰囲気を伝えられていると思うし売れるのもわかります。
それでも私は「棺桶リスト」の方が好きでした…。

テーマ : 最高の人生の見つけ方
ジャンル : 映画

西くんはGANTZで一番好きなキャラ(笑)

2011/05/03 Tue

ほっ…ほんとだよ…!



さて、7日から学校がはじまります。
震災の影響で長い春休みになってしまいました。
春休みなのに遊べるわけでもなかったので(前半とか4月下旬は遊んだけど)、
めずらしく学校がはじまるのが楽しみです!
でもはじまったらはじまったで夏休みを心待ちにすることは目に見えているw



友達の響ちゃんが本郷奏多くんがすきで、私のすきなGANTZの実写版にも出演していて
さらに私のだいすきな神木隆之介くんと仲が良いらしいという情報を目にして
さらにさらにこの間のTV版GANTZ西くんクローズアップwwをみて
なんとなあく、彼のオフィシャルサイトとかみてみました。
同い年なのに色々な仕事やっててすごいです。
ブログの文も落ち着いてて好感もてました。
ああいう文をかける男の子がまわりにいればいいなぁ。
あ、いまそういう子一人思いついた(笑)
高校の時の人でそういう人ちゃんといました…もっと仲良くなっておけばよかった…(笑)
それにしても奏多くん、同い年なのに年下みたいにみえますね。俺得です。



バイトの帰りの電車でよく一緒になる高校球児がかっこよすぎます。
たぶんはたからみたら普通の子だけど(笑)、私の目には対高校球児用フィルターが…。
年下制服坊主球児って私向けすぎます。でもよく考えたら世の中にいっぱいいた。
よく向かいにすわるので幸せです。
ちなみに降りる駅も一緒なんだよ!ふふん



そういえばこのあいだ用事があって学校いったのですが、立ち入り禁止の場所いっぱいありました。
まだ修繕してたけど…間に合うのかな…?
「レンガが落ちてくる可能性があるので外は通らないでください」
とか、えええ、ですよ。
床のタイルも割れたのか新しくなってる所いっぱいありました。
もうこれ以上地震起きないことを祈るばかり。



ていうか映画GANTZの2作目はやくみたい!!!
映画館でやってるところないかこれから探します。
せめてパンフだけでも手に入れなければ…。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

化物語

2011/04/26 Tue

化物語 ひたぎクラブ 【通常版】 [DVD]


感想 ※ネタバレ注意

・まず名前がなにこの厨二wwwとか思ってたんですけど、一応意味を考えてつけてるぽいですね。
話ごとのタイトル「ひたぎクラブ」みたいな、名前+怪異のカタカナ表記っていうのも好きです!

・女の子みんなかわいかったです。そこを一番評価したいb

・ひたぎが暦をどの辺から好きになってたのか、ていうか好きなのか本当に?って感じでした。
暦もひたぎのこと好きでも何でもないのだと思ってた。
ひたぎ→暦はまだわかんなくてもありだと思うけど、
暦→ひたぎはちゃんとわかるようにしてほしかったですね。
あんまり心の声みたいな演出をしないようにしてるのかなぁ?

・ひたぎ編の最後に重さが戻って声が明るくなって「今までのこと謝ります」って言ってたから、
ああ…これで性格も明るくなるんだ…今までのは精神的にアレだったからしょうがなかったんだ…
って思ったのに、まよい編で性格も声も元に戻ってて笑った。
でもそんなに変わらなくていいと思うけどね。

・まよいちゃんの歌を本編後にきくと号泣。と・お・まわりでも、と・お・まわりじゃないっ♪
「あなたのこと大嫌いです」っていうのもあああああ
私的にまよい編が一番泣けました。ていうかまよい編しか泣いてないけれども。

・でも最後に成仏したと思ったのに浮遊霊になっててまた笑った。
オチにこういう笑いをもってくるのやめてほしいww感動の涙かえせwww

・「ありゃりゃぎさん」「失礼 かみまみた」かわええ。
しかしビジュアル的にはまよいちゃん一番すきじゃないという…笑

・まよい編の、まよいちゃんのこと見えてないのに見えているふりをしてたひたぎが…。
また自分がおかしくなってるんじゃないかと思って不安で、でもおかしく思われたくなくて、
見えているふりを完璧に続けて、不安も隠して、ってやってたのかと思うともう言葉が出ない。
まじかよとしか言えないなんてボキャブラリーのなさ!
うまい言葉が見つからない…守ってあげたいとも違うんですけど…
なんか、すごく傍にいたくなるような子ですよね。

・するがは猿の手かと思いきや違うっていうのがヒヤッとしました。
猿の手が有名になってきたからこそ使えるネタですね。すごいいい使い方だと思います!

・というか、悪魔は寿命を吸って?代わりに願いをかなえてる?ってことだと思ったんですけど、
あの子寿命大丈夫なの…?誰も突っ込まないけどどうなんでしょう。

・なでこ編だけすっきりしない終わり方でしたね。男の子はどうなったのだろう。
中学生にもなって呪いが本格的に効くなんて誰も思ってなかったんでしょうね。
女の子の方は好きな男の子の告白相手に嫌な感情もっちゃうのはわかります。
それで効くはずないってわかってて、あえてストレス発散っていうか、
やってしまったんだろうなって想像つきます。
でも男の子は…。仮にも一度好きになった子を呪うなよ…。
効くはずないとわかってたってやらないでしょ…。
かといって、男の子がもし死んじゃったりしたら、それはそれで後味悪いです。
自業自得というには重すぎます。
でもあの場合他にどうすればよかったのか……うーん、もやもや。

・つばさ編の星の回すごい良かったです。
EDとあってた。合わせたんだろうけど、あのシーンのためのEDでしたね!
しかし私の、「お父さん」と呼ばれてた人は実はお父さんではないという読みははずれましたw

・羽川さん、暦とひたぎのこと応援するふりしてスクールデイズの世界みたいに
なるんじゃないかと思ってたのであまり好きではなかったんですけど(笑)、違いましたね!
でもやっぱりあまり好きではないなあ。
なんでだろうと思ってたんですが、暦が「怪異も羽川の甘さからきてる」的なこと言った所で
おお、これだ!ってなりました。ストレスがたまるのは仕方ないけれど、
それを無意識でも怪異に頼って解消しようとしてちゃだめなんだよね。
あと委員長タイプは個人的にあまり好きになれないっていうのもある(笑)

・つばさ編のひたぎが忍を探しに行かなかった理由「羽川さんに頼まれたのよ」が
すごく好きです。ていうかひたぎ好きです。
あれ…おっかしいな…見てる時は別に普通だったんだけどな。

・忍の話もぜひ見たいなー!映画たのしみです!

テーマ : 化物語
ジャンル : アニメ・コミック

エログロが好きなんじゃなくてね、好きな作品にたまたまエログロがあるだけなの

2011/04/19 Tue

春アニメ続報?です!なかなか固まってきました―

今期みてるのは
・STEINS;GATE
・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
・TIGER&BUNNY
・緋弾のアリア
・C
・青の祓魔師

です今のところ!

シュタゲ、あの花、虎兎はもーおもしろくって続きたのしみです!
あと虎兎は予告がなんかすきですw

アリアはぶっちゃけネタとして見てます…!
一話の衝撃が強すぎた… 夜中にひとりで声出して笑い転げました…。

Cとエクソシストは、まぁ、普通におもしろいけど楽しみというほどでもないかなぁと。
うっかり見るの忘れちゃってたわぁとかありえそうです。
あとはCはなんか…ヒロインの体型が気に入らない…。
エクソシストの方は弟と一緒に見てました。
安心して見れましたw 結界師的な安心感があった!
でもCMで「父さんが死んだのは兄さんのせいだ!」とか弟さん言っちゃっててびびりました。
だめだろそれ!一話終了後まだ父さんピンピンしてんだからさあ!ねーたーばーれー!

そういえば継続する予定だったスケットダンスですが、なんかもういいかなって思ってやめました(笑)

あとは
・デッドマン・ワンダーランド
・花咲くいろは

がまだ見てなくて、迷ってます。

デッドマンワンダーランドは私の好みな気がするのでよっぽどじゃなければ継続すると思うんですが、
いろはがなあ…。評判はいいみたいだけど…うーん。
最終回迎えて尚すごいおすすめされてたら見てみようかなって感じです。



はああーー夏にやる夏目3期と蛍火の映画がたのしみすぎてうああーーー

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

counter
profile

きゅうい

きゅうい. 
NOT腐 NL厨


今まで見たアニメ



ツイッターはじめました
こちらもいろいろお気軽に
.

new comment
new article
category
union
link
RSS feeding