スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

moon

2012/08/17 Fri

MOON


感想 ※ネタバレ注意

・いつの頃からかずっと気になっていたゲームです。
ネットでも高くて、お金のあるときに買おう…と思っていたらたまたま近場で安かったので購入。
まさかブックオフにぽんと置いてあるなんて。奇跡ですよ!
掘り出し物があるかもしれないので、いつもPSのコーナーは隅から隅まで見ることにしているんですが、
まさか…まさかこんな…!思わず友達に電話しちゃいましたもん…!

・簡単に言うと、ゲームの中に吸い込まれちゃった!っていうゲームです。
主人公はさっきまで自分がやっていたゲームの世界でうろうろします。
自分が操作していた勇者がいたり、住人がいたり、モンスターがいたりするのですが…
なんだか様子がおかしいのです。
勇者は無害なモンスター(=アニマル)を虐殺しレベルアップ、住人は勇者に不信感?
でも勇者は勇者で悪者っていうわけではなくて、
お城に伝わる呪いの装備で戦わずにいられなくなっているだけ。
そして勇者の正体は、主人公をかわいがってくれたおばあちゃんの孫…。
事実がわかるたびに、諦めに似た、なんとも言えない気分になりました。

・もう少し早くこのゲームの中に入っていたらと思わずにいられません。
でもそういうゲームじゃないんだよなあ。
全てが始まった日は月の光が届かなくなった日じゃなくて、
勇者もドラゴンも既に作られた日だったんではないかと思います。
それがゲームというもので…。
問題が起こる前に解決する機会があるゲームとかないのかな。

・まぁそんな中、主人公は戦わずしてレベルアップしていきます。ここでの主人公のレベルとは体力のこと。
住人を助けたり、アニマルを生き返らせたりしてラブ(愛)をもらい、レベルアップします。
その、ラブを集めるのがとても楽しかったです。
住人を助けるのが頭を使わないといけないのもあって良かったですね!
でも難しすぎて(というか気付かなくて)途中で攻略見てしまいました。ちょっと後悔。
あからさまに悩んでいるような人も少ないし、
どうすればラブがもらえるのかを見つけるのがとても大変でした。

・体力が増えると行動範囲も広がっていきます。
それと言うのも、主人公は何もしなくてもどんどん体力が減っていく(お腹がすいていく)ので、
倒れる前に家に帰って寝ないとゲームオーバーになってしまうんです。
普通のRPGのように敵が出てくるわけでも襲われるわけでもないので、
心配しなきゃいけないのはお腹の具合だけですけどね。
そういうのんびりとしたシステムは好きでした。
曜日や時間の概念はあれどタイムリミットはないので好きに動き回れます。

・最初ゲームの中に吸い込まれた時、何の説明もなく放り出されるんですけど、
戸惑いもなくすーっと入っていけました。
でもゲームから脱出しようとかは思わなかったなぁ。
このゲームって脱出するのが目的だったんでしょうか?
主人公の子はゲームの中から出られなくても何も思っていなさそう。

・ちなみに、主人公の名前は「れいと」にしました!
名前はいつもその場の思いつきで決めます^^

・ラブをもらうエピソードの中で衝撃的だったのがパンやのベイカー。
べろべろに酔った彼の後をつけて、鍵をかけ忘れた部屋に忍び込むと、
そこには首のない胴体と転がっているパンが…!
なんとベイカーはパン人間(頭部がパン)だったのです。
そして更に衝撃的なことに、そのパンは毎日交換しており、古いパンはお店に並べているとか。
つまり…今まで主人公や住民が買っていたパンは……ひいい!おそろしい…!
こういう古いゲームの方が不気味さが増すのはなぜなんでしょうね…。

・ノージがかわいすぎました!国に帰っちゃって寂しかった…
暇があればノージに話しかけにいったものです(笑)

・ノージとイビリーのイベントはじんわりと暖かくなれました…!
ノージを本当のお父さんが迎えに来た時、イビリーはどう思ったんでしょうか…。
別れた奥さんと息子。その息子を思い出すといってかわいがっていたノージ。
ノージに一緒に行こうと言われても行かなかったイビリー。
ノージが行ってしまってから「さてと…」と日常に戻ったイビリーの姿が切なかった。
私、必要以上に演出しないのが本当に好きみたいです。

・そしてヨシダーー!!!!(鳥)
最初モブ鳥だと思っていてごめんなさい!笑
まさか最後の最後まで出張ってくるキャラだったとは!
ヨシダかわいいです。かわいいっていうと怒りそうな所がかわいいです。
ヨシダと一緒に行動したいよう。

・魅力的なキャラクターが多すぎてとてもとても語りきれません。
王様もかなり好きでしたし、カクンテ達も大好き!
この先はぜひ(プレイしてない人は)プレイして体験してもらいたいものです。

・最終的にロケットを作って月に行くんですけど、月で問題が解決するわけでもなく。
主人公も勇者にばしゅっと切られて死んでしまいます。
そして現実に戻る…と。
私は、この世界の月にある扉は、現実の主人公の部屋の扉であり、玄関の扉であり、
外へ出ていく扉であり、心の扉であった、という解釈をしてます。
つまりエンディング後のメッセージをそのままゲームにしたんですかね。
ゲームばっかりしてないで外に目を向けろと。ゲームなんて電源を切ってしまえと。
なるほどね、と思いながら私は今日もゲームをするわけですが(笑)、
でもやっぱりゲームばっかりじゃ心に悪いよね!

・月に行く途中、宇宙で花火がきれいに開いたのが一番感動しました!
玉屋のおっさん…とうとうやったんだねぇ。私は嬉しいよ。

・買ってよかったです!

テーマ : moon (ムーン)
ジャンル : ゲーム

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【moon】

感想 ※ネタバレ注意・いつの頃からかずっと気になっていたゲームです。ネットでも高くて、お金のあると

まとめ【moon】

感想 ※ネタバレ注意・いつの頃からかずっと気になっていたゲームです。ネットでも高くて、お金のあると

コメント

Secret

counter
profile

きゅうい

きゅうい. 
NOT腐 NL厨


今まで見たアニメ



ツイッターはじめました
こちらもいろいろお気軽に
.

new comment
new article
category
union
link
RSS feeding
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。